ラッキーいとうの「お気楽サンデー」ブログ

たんなん夢レディオで毎月第4日曜日に放送の「お気楽サンデー」の記録です。次回放送は12月24日です。(12:00~13:00)です。

たけふ菊人形、万葉菊花園を特集

ゲストは病児ディケア「ままのて」の野尻さん

季節は秋、越前市では「第56回たけふ菊人形」が開催されている中、今回のお気楽サンデーは、全国の菊人形の模様や、たけふ菊人形の菊栽培をしている越前市万葉菊花園など、地元の菊にまつわる話題でスタートしました。

話し相手は万葉菊花園から細川さんと志村さんのお二人でした。たけふ菊人形は昭和27年が第一回ですが、その裏話としては「昭和24年、全国議長会で当時の大阪枚方市の議長と武生市の議長が隣り合わせになる会合があり、その中で菊人形の話がでた事が最初のきっかけ」だったとか。それで枚方の菊師さんが最近まで武生の菊人形に来ていたのかと、ラッキーは納得でした。

全国では大小あわせて20カ所あまりで菊人形展や菊まつりが開かれ、中でも武生は遊園地もあり子供連れも多く、OSKのレビューショーもあるなど娯楽性に富んでいる菊人形として全国にも異色の存在、他では福島の二本松、山形の南陽市、青森の弘前、茨城の笠間神社などがお勧めとラッキーから紹介。

後半のゲストは病児デイケア「ままのて」を運営されている野尻富美さんを迎え、その実情を聞きしました。保育園から小学校低学年の病児や病後児を預かる病児ディケアは働く夫婦にとっては力強い味方となり、三年間で2000人の利用があったと報告されました。

利用は、事前登録で、料金は一日2000円、定員は8名、利用時間は原則として午前8時30分から午後5時30分。病気の症状は医院のドクターが診断で安心とのこと。

こうした事業の大切さを、ラジオで少しでも伝えられたらと思いながらの放送でした。

医療法人 野尻医院 内科,小児科 ままのて,病児デイケア