ラッキーいとうの「お気楽サンデー」ブログ

たんなん夢レディオで毎月第4日曜日に放送の「お気楽サンデー」の記録です。次回放送は8月27日です。(12:00~13:00)です。

横浜市から越前市役所へ赴任中の三樹さん

越前市、歩いて触れ合う楽しい町
辛めの「おろしそば」、十軒以上食べ歩きました

5月25日の「お気楽サンデー」のゲストは、四月から越前市役所観光振興課に赴任中の横浜市からの人事交流職員・三樹睦月さんでした。初めてづくしの越前市の印象など、明るく楽しく語っていただきました。

f:id:okiraku_sunday:20140407160649j:plain

その中で三樹さんは、旧武生市内の町並みは瓦屋根の家が立ち並び、山が近くにあり、国府としての歴史と蕎麦屋さんや餅屋さん、和菓子屋さんなどが、あちこちに点在し、歩きながらの新発見や地域の人と触れ合いの生まれる楽しい町と語りました。

また旧今立の越前和紙の里は物づくりの豊かさや観光地としても心惹かれる所で横浜の友人も連れて行き、紙漉き体験も楽しかったと話しました。

食べ物では、やはり「おろし蕎麦」が大好きと話し、最初は大根おろしの辛さにびっくりしたが今ではその味にはまっている、美味しい。すでに市内の蕎麦屋さん10軒以上食べ歩き、餅や焼きサバも大好きとのことでした。

言葉では独特のイントネーションはもとより、「こんじょよしー」「じぇんにならん」など初めはさっぱわからず意味不明だったと話し、スタジオは大爆笑。この言葉、職場の人が教えたのか、それとも地域の人でしょうか? 上品?な人たちですね。

来てみて知った越前市の魅力、もっといろんな所を訪ね、都会の人や全国の人にどんどん発信したいと語りました。三樹さんの活躍に期待しましょう。

他の話題では、ラッキーいとうが「胡瓜のトゲ」などキュウリにまつわる面白い話と広辞苑に新収録された最新の言葉などを語りました。