読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッキーいとうの「お気楽サンデー」ブログ

たんなん夢レディオで毎月第4日曜日に放送の「お気楽サンデー」の記録です。次回放送は5月28日です。(12:00~13:00)です。

雛祭り紹介と北陸新幹線の方向など考える

「たけふ駅前中華そば」盛り上げを図る「秘密結社MENs」の上城戸さん

2月26日の「お気楽サンデー」はゲストに越前市の上城戸佑基さんを招いて、前半は季節の話題として雛祭りの話やイベント紹介、そして敦賀まで建設方針が決まった北陸新幹線の話題でした。

後半はゲストの上城戸さんが、越前市で「たけふ駅前中そば」を盛り上げながら町を元気にしようとしている取り組みを、パーソナリティーのラッキーいとうと賑やかに語りあいました。

f:id:okiraku_sunday:20140408194055j:plain

上城戸さんの主な内容は次の通りでした。

  • 名前も味も変わらぬ懐かしの「中華そば」にこだわりたい
  • ゴールデンウィークまでに、ポスター、マップなど作成を計画している
  • 昨年2011年11月11日に「秘密結社中華MENs」を結成した。
  • 1の数字が二つ並ぶ日にしたのは、中華そばをすくって食べる二本の箸をイメージした遊び心を入れたもの。
  • 代表の呼称は「麺ペラー」としており、麺の皇帝というイメージで遊んでいる。
  • 越前市では最近「ボルガライス」が大変な人気で全国的にも知名度アップの状況があるが、オムライスとトンカツの組合せは、高齢者や女性からはボリューム的には相当との評価もある。
  • 「中華そば」はその点、老若男女誰にでも食べやすい懐かしの味であり、町づくり活性化の人気商品としての魅力があると考えた。
  • 昔はどこの店でも中華そばと呼ばれていたが「チキンラーメン」が全国で爆発的なブームとなって以来、中華そばの名前が消え「ラーメン」が主流の呼び名になったと聞いている。
  • 「たけふ駅前中そば」に適合する条件は以下の三条件である。
  1. お品書きに「中華そば」と示されていること。
  2. 昔ながらの味とレシピを変えずに守り続け、スープが透き通っていること。
  3. 武生駅から自転車で11分以内の所にある店舗。
  • 現在は13店舗を確認し、6店舗を調査中。
  • マスコミで紹介されるようになり、お店からはお客さんが増えるのは嬉しいが、行列ができるほどまで行くと不安という声もあるが喜ばれている。
  • フェイスブックツイッターでのつぶやきや店の紹介も増えている。
  • ホームページも今年の1月11日より公開したので一度見てほしい。
  • 先行している「ボルガライス」とは良きライバル関係を築きながら、共に越前市を盛り上げ活性化したいと話している。
  • 今後の目標としてはゴールデンウィーク頃までにポスターやマップを作りたい
  • ポスターは懐かしいイメージ、国府の町武生の雰囲気に沿えたらと思っている。

f:id:okiraku_sunday:20140408194428j:plain

たけふ駅前中華そば - 温盛一杯 中華Men's