読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッキーいとうの「お気楽サンデー」ブログ

たんなん夢レディオで毎月第4日曜日に放送の「お気楽サンデー」の記録です。次回放送は5月28日です。(12:00~13:00)です。

地域おこし協力隊の2人 越前市で街おこし活躍中 !!

群馬の牛久保さん、岩手の小野寺さん、
越前市の歴史と風情で市街地活性化めざしたい

 1月25日放送の「ラッキーいとうのお気楽サンデー」は、ゲストに地域おこし協力隊として越前市で活躍中の牛久保星子さんと小野寺康浩さんを迎えて進行しました。前半は「大寒」にまつわる寒さや雪の話、最近人気の「ふるさと納税」の話題でした。

牛久保さんは群馬県の出身、小野寺さんは岩手県の出身でしたが、二人とも昨年12月とお正月の福井県内の積雪量、道路の融雪装置は初めての体験と話されました。

ふるさと納税」の話題では、越前市鯖江市の状況と寄付者への特産品プレゼントの話もあり、全国の人気自治体のように越前市でも寄付者に美味しい食べ物が出るといいね、などと盛り上がりました。

f:id:okiraku_sunday:20150126111431j:plain f:id:okiraku_sunday:20150126111434j:plain

番組後半の「地域おこし協力隊」の活動などでは、主に下記のようなことが二人から紹介されました。

  • 「来ねえ~の~100人プロジェクト」「寺社おこし」などを企画
  • 地域おこし協力隊は全国の地方や過疎地域の振興をはかる目的で、総務省が若者を派遣して元気にするプロジェクトであり、各自治体が公募している。任期は最長で3年間。二人とも昨年10月に越前市に来た。
  • 地域おこし協力隊の仕事を選んだのは、大学で地域政策学部に学び東京で仕事していたが、地方でのお手伝いで何か還元できないかと思った。友達が協力隊の隊員だったので仕事内容も理解できてやりたいと思った。
  • 越前市を選んだのは、中心市街地を活性化するといテーマに惹かれたことと、昨年に二回、越前市を訪れた際に街中の趣ある風情がとても気に入った。
  • 東京での説明会で会った越前市の若手職員の人柄が好印象だった。そして友達からもらった福井のお酒がすごく美味しかったなど、なにかご縁を感じた。
  • 越前市へ来て感じたことは、寺社仏閣の多さと古い建築物がよく残っていることだった。市中心部の湧き水である「お清水」の水のおいしさを特に感じた。体に馴染む気がしている。
  • 具体的な活動としては、建築後80年の古民家のイノベーションをはかり、自分の住居として使いながら「来ねえのー100人プロジェクト」を始めた。これまでに市内外の80人に来てもらっているが、ぜひ県外の人だけで100人を招き宿泊もしてもらって越前市や福井の良さを紹介したい。
  • 越前市には趣のある古民家や一軒家が多い、街の中も歩いてみると面白いので多くの人に気にいってもらえると思う。住んでいる古民家には誰でも来てほしい、近くの人も声かけてくれたり、知り合いになった友達に改修を手伝ってもらったりしている。
  • 寺社起こしに取り組みたいと考え、いろいろな寺の住職さんを訪ねて面白い生の声を聞いている。武生の街の特殊性を生かすには寺社と暮らしの視点は外せない気がしている。女性としての「写経」イベントも面白いと思うのでやってみたい。
  • 越前市に居る間に、自分で稼げる「起業」にも挑戦してみたい。友達をたくさん作りたい。越前市の中心市街地活性化に少しでも役立ちたい。

 

越前市地域おこし協力隊 - 福井県 越前市 - 地域団体 | Facebook

地域おこし協力隊 活動開始 - 越前市

地域を変えていく新しい力 地域おこし協力隊

 

ふるさと納税(越前市)

ふるさと納税(鯖江市)