読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッキーいとうの「お気楽サンデー」ブログ

たんなん夢レディオで毎月第4日曜日に放送の「お気楽サンデー」の記録です。次回放送は3月26日です。(12:00~13:00)です。

「あなたの蕎麦で辛み隊」 後藤さんが侍姿で登場

サークル・団体 イベント 番組の記録 文化・伝統工芸

坂井市から初めてのゲスト。住みやすさ全国5位なども紹介
大根おろしを載せないのが「越前坂井辛み蕎麦」

6月26日のラッキーいとうの「お気楽サンデー」は番組開始10年目にして、初めて坂井市からのゲストとなる「あなたの蕎麦で辛み隊」初代隊長の後藤寿和さんを迎えて放送されました。

 f:id:okiraku_sunday:20160627103145j:plain

後藤さんはイベント用の衣装である紺の着物に袴、頭に「辛み蕎麦」と書かれた鉢巻を締めての登場で番組を盛り上げていただきました。

前半は、坂井市の見どころとして「三国・春江・坂井・丸岡」の各町が10年前に合併し現人口は9万人以上、県下第二の市として発展中であることや、全国の住みやすさ第5位にランクアップされていること、有名観光地としての東尋坊、雄島、丸岡城に加え、エンゼルランドふくい松島水族館三国祭の賑わいを紹介されました。

B-1グランプリ」の「B」はB級のBでなく、地域ブランドの「B」
地元高校生の参加など、地域全体の支援が心強い
9月24・25日、三国で「B-1グランプリ」開催!

番組後半では「あなたの蕎麦で辛み隊」の活動と、9月24・25日に開催される「B-1グランプリ」大会について主に下記のようなお話をされました。

  • 坂井市地域ブランドとして、昔から、誰もに親しまれ、いつも食べられていて、安くて、美味しい物は何かと商工会青年部で探したら「大根おろしを載せずに、搾り汁と出汁を絡ませて食べている辛み蕎麦」ではないかということになった。辛み蕎麦をとおして、毎日、人や町、地域との「絡み」を広げたいと思った。
  • その地域ブランドをとおして坂井市のPRと活性化をはかるために「あなたの蕎麦で辛み隊」を結成し、新しい力で坂井市を変えようとの思いで幕末維新に活躍した坂本竜馬のスタイル衣装を考案した。
  • イベント用としては三国高校の家政学科の生徒がデザインした大根イメージの緑と白の衣装もあり、坂井高校の生徒さんとは、大根や蕎麦も一緒に作っている。また昨年の十和田市でのグランプリ大会には高校生たちが現地で蕎麦打ちパフォーマンスや坂井市のPRなども行い、地元高校生の参加は心強い。
  • 「辛み蕎麦」の辛さには、お店の特色があり、辛さに合わせて<R-0><R-12><R-15>などと表示している。市内のお店の蕎麦マップで紹介していて食べ比べの楽しみがある。
  • これまでに豊川、郡山、十和田の3回、B-1グランプリに参加している。参加できるまでには、食べ物やイベントの評価だけではなく、団体としての日常的な地域街づくり活動や他団体との協働なども審査され2年くらいかかった。認定は毎年行われ、活動内容が悪ければ認定取り消しもあり厳しい。北陸では「あなたの蕎麦で辛み隊」が唯一の団体である。
  • 今年9月に三国で、B-1グランプリ東海北陸ブロック大会が開かれ、全国から20団体が参加する。これまでの全国大会で優勝した富士宮焼きそば甲府鳥もつ煮、津市の津ぎょうざ、千葉の勝浦タンタンメンなど超有名なブランド店も出てくる。500円以内で食べられる。
  • 当日は三国街中の三会場で開き、参加者には町中を回遊してもらって、三国や坂井の良さを色んな形で知って楽しんでもらえる工夫を考えている。
  • 辛み隊は地元のホスト団体として受け入れおもてなしを準備しており、坂井市の小中高生、各種団体、行政が一つになって盛り上げようとしている。ぜひ、県内の人にも沢山来てほしい。

越前坂井辛み蕎麦|福井県坂井市名物おろしそば

越前坂井辛み蕎麦であなたの蕎麦で辛み隊(Facebook)

越前坂井辛み蕎麦 あなたの蕎麦で辛み隊のブログ