ラッキーいとうの「お気楽サンデー」ブログ

たんなん夢レディオで毎月第4日曜日に放送の「お気楽サンデー」の記録です。次回放送は11月26日です。(12:00~13:00)です。

学校と地域をつなぐ「岡本小学校 金管バンド」

結成から11年、地域の人気も上々
代表の木内雅昭さん、楽しく語る

8月28日放送の、ラッキーいとうの「お気楽サンデー」はゲストに越前市の「岡本小学校金管バンド」代表の木内雅昭さんを迎えて、笑い声いっぱいの楽しい一時間でした。

前半の話題は当日が「気象予報士の日」ということで、台風や天気予報など気象に関する話で進み、後半はゲストの「岡本小学校金管バンド」木内雅昭さんから活動内容などが楽しく語られました。

f:id:okiraku_sunday:20160829112056j:plain

木内さんの主なお話は下記の通りでした。

  • 「岡本小学校 金管バンド」の始まりは平成17年4月。小学校の体育大会の入場行進曲がCDだったのを聞いて、以前のような賑やかで華やかな行進や体育大会にしたいと思って仲間に呼びかけた。40人くらい、児童や卒業生の大人までが集まってくれた。
  • 金管バンドの吹奏はレベルが高いという状態ではないが、児童や住民に親しみやすいのが好評で、冗談として「あまり上手にならないでくれ」と言われたりしている。バンドが登場するだけで笑いや応援で盛り上がることが多い。それが嬉しい。
  • バンドの楽器は小学校の全面的な支援の中で、約10種類を活用している。練習も学校の多目的ホールを夜9時まで使わせて頂いている。校長や教師の理解と協力あってこその継続した活動だと思う。現在のメンバーは児童23人、高校生と大人の25人で週3回程度、夜に練習している。メンバー全員はなかなか揃わないけれど…。
  • メンバーの服装は、以前の小学校で使われていたものと同じものを着ようと児童からの声が出てそれで決まった。大人は白Tシャツに紺系のズボンでまとめている。ベレー帽も揃えてなかなか見栄えがすると思う。
  • 吹奏活動の場としては、学校の体育大会はもとより、地域の夏祭り(和紙の里まつり、谷まつり)、三世代交流のつどい(敬老会)、さらには学校の学習発表会などがある。他にも多くの要請があるが、あまり多くならないにしている。
  • これらの活動は平成27年度福井県元気なふるさとづくり活動賞「優良賞」を受賞して、公民館広報でも紹介され地域全体に祝ってもらった。
  • このバンドは吹奏のレベルアップにも努力しているが、単に演奏が上手な人だけのものにはしたくないと思っている。学校でも地域でも、誰もが入りやすく楽しい活動を続けられることが大事で、子どもたちと大人たちのつながり、学校と地域のつながりによって、地域全体に愛される中で続けていきたい。