ラッキーいとうの「お気楽サンデー」ブログ

たんなん夢レディオで毎月第4日曜日に放送の「お気楽サンデー」の記録です。次回放送は12月24日です。(12:00~13:00)です。

「2017 鯖フェスタ」に来て!! KISUMO小浜の馬場さん

小浜は「鯖の町」「すき焼きに焼き鯖」入れますよ
「サバンバ」? それは鯖のビビンバです

9月24日のラッキーいとうの「お気楽サンデー」は、ゲストに「KISUMO小浜」の馬場淳子さんを迎え、鯖の話あれこれ、2017鯖のまちフェスタ、後瀬山トレッキングなどを話題として放送されました。挿入曲には演歌の「鯖街道」も登場しました。

「鯖の話あれこれ」では、小浜の鯖文化などが紹介されましたが、その中で「小浜ではすき焼きに焼き鯖を入れて食べますよ」の言葉に、ラッキーいとうは「えっー!?」とびっくり。同じ福井県でも嶺北地方では、すき焼きに鯖はあまりないようですが…。

また、「鯖おでん」や「サバンバ」というビビンバ料理など鯖の新しい料理も紹介され、鯖の町小浜ならではの魅力がクローズアップされました。

さらに馬場さんからは、近年に始まっている小浜の鯖養殖の取り組みが報告され、現地での餌やりと鯖がひしめく水音などの録音がラジオに流れました。養殖鯖は寄生虫がつかず、鯖の刺身が人気とのことでした。

f:id:okiraku_sunday:20170925125443j:plain

馬場さんは「2017 鯖のまちフェスタ」と「後瀬山トレッキング」について、主に下記のようなことを話されました。

10月21日~22日「2017 鯖のまちフェスタ」開催 県内外から24店舗が参加
珍しい鯖料理いっぱい、楽しいせり売り、ステージイベントなど満載

  • 「2017 鯖のまちフェスタ in 若狭おばま海の駅」が10月21~22日に、御食国おばま食文化館で開催される。開催時間は9時38分から15時38分と「38(サバ)」にこだわっており、毎時38分には何かが起こるお楽しみ企画もある。
  • 全国から24団体が参加し、鯖を中心とした屋台での鯖寿司の食べ比べなどをはじめ、水産市場、キッチンカー、クラフト店、ステージなど、盛りだくさんのイベントと賑わいが期待されている。昨年の「鯖サミット」は2万人が参加した。
  • 開催のきっかけは、島根での「鯖サミット」をKISUMO小浜のメンバーが視察したこと。次は小浜で開催したいとなり、小浜市長も「鯖のまち宣言」をしたこともあって、昨年に「鯖サミット」を開催した。サミットは今年は銚子市だが、小浜では「鯖のまちフェスタ」として活動を継続して盛り上げる運びになった。
  • 鯖の料理としては、全国の鯖寿司、サバンバ(鯖のビビンバ)、鯖サンド、大野市の熟成鯖醤油カツ丼、若狭路満腹お膳弁当、それにKISUMO特製の鯖おでんなど、普段は食べられないメニューが揃う。まさに鯖料理のイメージが変わると思う。
  • ステージでは、鯖供養、演奏会、ダンス、トークショー、鯖ライブなども行われる。22日には「NHKきょうの料理」でおなじみ本田京子さんによるトークショーも企画されている。(こちらは予約が必要)
  • 運営は多くの市民団体や市役所、水産市場などが参加している。ユニークな企画では参加者による「模擬セリ大会」などもある。新鮮なお魚もたくさん出るのでクーラーボックス持参での参加もおすすめです。
  • KISUMO小浜は、色んな企画や広報、運営での裏方として参加している。ぜひ多くの皆さんの来場を願っています。

詳細については、こちらのページご覧ください。

https://ja-jp.facebook.com/kisumo.obama/

wakasa-obama.jp

 

駅から5分、見どころ多い「後瀬山トレッキング」 10月11日に山開き
重要伝統的建造物指定「三丁町」や、海の風景も同時に楽しめるコース 

  • 小浜駅から5分くらいのところに「後瀬山(のちせやま)・標高200m」があり、そこに新たなトレッキングコースが整備された。八百比丘尼(やおびくに)伝説の史跡、城跡、町並みと海の景色展望など、誰もが気軽にトレッキングと町歩きを楽しめるコースになっている。
  • 大阪の企業さんが資材置き場として買った場所に市民に昔から親しまれてきた神明神社があった。御神体は「八百比丘尼」ということもあり、近くには比丘尼が入定したと言われる洞窟や手植えの白玉椿もある。また天岩戸と呼ばれる洞窟や幾つもの神社もあることで、その企業さんが私財で整備した。
  • 地元の人は当たり前で気付かないことでも、県外や他の地域の人からみたら素晴らしい財産と思われるものがいっぱいあった、そんなケースだと思う。
  • コースでは四季それぞれの植物や生物が豊かに見られ、景色も伝統的建造物群指定の「八丁町」の紅がら格子と銀瓦の町並み、その向こうに小浜の海の絶景が楽しめる。
  • 町歩きのコース上には、徳川2代将軍の秀忠の娘・京極忠高夫人の墓所や、お市の方の三姉妹の次女・お初の方の墓所などの寺院もあり、歴史を学べるコースでもある。
  • 後瀬山トレッキングコースの山開きが、10月11日に行われ、地元小学生の遠足としてお披露目される。その後は、いつでも誰でも自由に利用できるので多くの人に親しんでほしい。
  • 「KISUMO小浜」は、「来てのK、住みたいのS、戻りたいのM」の活動をする団体なので、これからも観光マップには掲載されていないような小浜の宝や財産を見つけていきたい。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

https://ja-jp.facebook.com/kisumo.obama/ 

www.kisumoobama.jp