ラッキーいとうの「お気楽サンデー」ブログ

たんなん夢レディオで毎月第4日曜日に放送の「お気楽サンデー」の記録です。次回放送は6月23日です。(12:00~13:00)です。

エスキーテニス、幅広い年代で楽しめる

越前市の「国高クラブ」の皆さんがゲスト
卓球、テニス、バトミントンを合わせた競技

2019年最初の「ラッキーいとうのお気楽サンデー」は、1月27日、エスキーテニスを楽しまれている越前市の「国高クラブ」の、小原さん、安久さん、小畑さんを迎えて、前半は先週に発表された「サラリーマン川柳」、後半は「エスキーテニス」の紹介や皆さんの活動についての話題で放送されました。

f:id:okiraku_sunday:20190128161920j:plain f:id:okiraku_sunday:20190128161924j:plain f:id:okiraku_sunday:20190128161928j:plain f:id:okiraku_sunday:20190128161932j:plain

発祥は広島「スポーツを通して平和を」への願いから
福井でも男女各20チームで大会、全国大会も盛況
福井国体ではオープン競技として開催されて参加

皆さんからのお話は主に下記のような内容でした。

  • エスキーテニスは1948年ころに「スポーツを通して平和を」との願いを込めて原爆投下された広島で生まれ、現在は全国各地に普及しており、全国大会も開催されている。
  • 競技の内容は、羽根のついたゴルフボール大のゴムボール(直径4cm)を卓球のラケットを一回り大きくしたラケットでネット越しに打ち合うもの。ボールにはバトミントンのシャトルのようにボールの速度を落とすための羽根がついている。
  • コートのサイズは、テニスコートの8分の1くらいで、長さ8メートル、横4メートル。屋内外でラインテープを使用してどこにでもコートをつくれる。高さ30cm程度のネットを張って試合が行われる。
  • 勝負はシングルスとダブルスがあり、福井では主にダブルスでの試合が多く行われている。試合は11点先取の3セットで2セットを先取したほうが勝者となる。試合時間は最速だと10分以内のこともあり、体制が整わないうちに一気に決まることもあってスピードと技術が求められて面白い。
  • 自分たちの「国高クラブ」は、毎週土曜日の夜6時から、越前市の国高にある「式部ふれあい館」で練習している。メンバーは20人くらいで、年代は最高齢は93歳、若い方は10代ですごく幅広い人達が楽しんでいる。高齢者は技術で、若い方は力で勝負という場合もあるが、若い人が常に勝つこともないので味がある。
  • 県大会では男女それぞれのクラス毎に分かれて試合が行われ、その結果によって全国大会に参加できる。自分たちも全国大会に参加して楽しかった。県内の大野上庄クラブの地元で行われる大会では名産の「いも煮会」があるのが嬉しい。
  • これからも練習を続けて何回も全国大会に参加したい。そして県内でも多くのエスキーテニスの仲間を増やしていきたい。

関心ある方は、0778-23-0047(国高・式部ふれあい館)に連絡してほしい。

また毎週土曜日の夜に見に来ていただけるとラケットもあるので気軽に体験してほしい。

 

日本エスキーテニス連盟 - 日本エスキーテニス連盟 | 広島で生まれた平和を希求するスポーツ