ラッキーいとうの「お気楽サンデー」ブログ

たんなん夢レディオで毎月第4日曜日に放送の「お気楽サンデー」の記録です。次回放送は3月22日です。(12:00~13:00)です。

今立ふくま振興会.キャラクター「こじろうくん」大人気

ゲスト、ふくま振興会の上城戸さん
「コーヒーフェスティバル」「こじろうくん」に期待
小学生も、大学生も、地域の人も、みんなで盛り上げ

12月22日の「ラッキーいとうのお気楽サンデー」はゲストに越前市今立地区の「ふくま振興会」から上城戸佑基さんを迎えて、ふくま地域で展開中のコーヒーフェスティバルやキャラクター「こじろうくん」の取り組み、他に今年一年を振り返っての流行語やヒット商品についての話題で放送されました。

f:id:okiraku_sunday:20191222204257j:plain
f:id:okiraku_sunday:20191223090453j:plain

 「こじろうくん」は、ゆるくないキャラクター 
コーヒーフェスティバル 来秋に開催 世界のコーヒー楽しめる企画

 上城戸さんの主なお話は下記の通りでした。

  • 今立のふくま振興会では、これまでの恒例的な行事の継続だけではマンネリ化して活性化にもならないのではないかと、今年から「ふくま地区ブランディング事業」として、地区の元気と誇りを取り戻す活動を展開中です。
  • 取り組みにあたっては、服間小学校の生徒たちと仁愛大学の升田ゼミの学生、地域の振興会が、小学校の総合学習の時間を活用して服間の魅力についての授業を何回も開き、その後に地域魅力ツアーを実施した。
  • その中で美味しい湧き水が数か所もあるところから「水」、昔から伝えられている剣豪佐々木小次郎の生地、豚の飼育が多いなど3つの素材が確かめられ、これらを生かした活動ができないかとの話になった。
  • 具体的な活動として、一つ目は「来年のコーヒーフェスティバル」開催への取り組み、二つ目はマスコットキャラクターの開発となった。今年はその内のマスコットキャラクターづくりを先行して、小学生や仁愛大の学生たちの多くのネーミング候補から最終的に「こじろうくん」がきまり、着ぐるみも完成して秋の越前市多文化フェスティバルをはじめ、地域の色んなイベントに参加して好評で人気者になってきた。
  • ゆるきゃらというイメージがある全国のキャラクターだけど、「こじろうくん」は地域みんなの熱量がいっぱいの「ゆるくないキャラクター」です。
  • コーヒーフェスティバルについては来年秋の開催に向けて準備を始めており、先日は「大阪にいる、日本コーヒーフェスティバル実行委員会の代表者を訪問し、今年度の勉強会や来年度の開催に向けて協力を要請した。
  • コーヒーフェスティバルには、コーヒーに対してものすごい熱量とこだわりを持っている方が出展していること、コーヒーを淹れる間のコミュニケーションを楽しみにしている方たちが出展していることがわかった。」
  • ふくま地区でのフェスティバルでは、越前市にブラジルの人やベトナムの人も多いので、その地域のコーヒー豆を使って地域性と多様性も楽しんでもらえる企画にしたいと思っている。もちろん、県外からの出店もあるので世界各地のコーヒーも楽しめる。「日本コーヒーフェスティバル実行委員会」と協力しての開催となる。
  • 成功に向けて、今は仲間づくりと地区民向けのコーヒー勉強会を準備している。仁愛大学生向けのコーヒー勉強会も開催したい。また、コーヒーだけでなく、関連するお菓子などを地場産を使って作る計画もしている。
  • ふくま地区はもとより、越前市や県内でも初めての企画でもあり、多くの皆さんを迎えて成功させたい。来年秋の「コーヒーフェスティバル」楽しみに待っていてほしいし、ぜひ今立の「ふくま」にきてほしい。