ラッキーいとうの「お気楽サンデー」ブログ

たんなん夢レディオで毎月第4日曜日に放送の「お気楽サンデー」の記録です。次回放送は10月22日です。(12:00~13:00)です。

鯖江市のオープンデータとアプリの話

世界で最も安全な国ベスト10 アースデーえちぜん2014など話題

4月27日放送のラッキーいとうの「お気楽サンデー」、前半は大型連休を前にして海外旅行の話題から「世界で最も安全な国ベスト10」の国々、5月11日に開催される「アースデイえちぜん2014」の内容が紹介されました。 

「世界で最も安全な国ベスト10」は10位から順に、シンガポールフィンランド、カナダ、日本、スウェ-デン、オーストリアアイスランドノルウェーデンマーク、1位はニュージーランドでした。「アースデイ越前2014」については、下記リンク先からチラシ(PDF)をご確認ください。

地球を楽しもう!アースデイ越前2014 - 越前市

ゲストは鯖江市情報統括監の牧田泰一さん
オープンデータと便利なアプリで住みよい鯖江市が進行中

「あなたが出番」コーナーは、鯖江市情報統括監の牧田泰一さんをゲストに迎えて、最近話題となっている鯖江のオープンデータ活用による具体的なアプリの内容を、iPadを見ながら紹介していただきました。

f:id:okiraku_sunday:20140428183027j:plain

主な内容は下記の通りです。

  • オープンデータを活用してのアプリ作成では、鯖江市の行政情報約30種類をインターネットを通じて、市のホームページだけでなくスマートフォンタブレットなどで誰もが簡単に便利な生活情報を見れるようになっている。
  • 2012年から「データシティ鯖江」の具体的な動きが始まり、市長の「ITで市民生活を豊かにしたい」との方針のもと、色んな企画やイベントが連続して取り組まれ全国でも先進的な情報都市として注目されている。
  • 3回目のアプリコンテストは昨日(4月26日)開かれ、今年も面白いアプリがたくさん発表された。昨日の最優秀は電脳メガネに関したものが選ばれ、メガネの鯖江の特色をいかんなく感じさせていた。
  • これまでのアプリでは、コミュニティバスの運行状況、公園のトイレ、原発事故の際の市内外への避難ルートなどが一目で分かるものなど数多く作られている。
  • 全国的に話題の女子高生による「鯖江市役所JK課」が、図書館で勉強する席の空き状況が分かるアプリ作成を進めている。高齢者による「高年大学」でも既に研修会を開きアプリ作成に取り組んでいる。
  • 市のデーターは市民の財産でもあるので、今後も年代を問わず多くの市民に使ってもらえるようなアプリ作成やオープンデータ活用を進めていきたい。

「データシティ鯖江」の取り組みは、下記サイトをご覧ください。

福井県鯖江市>データシティ鯖江(XML,RDFによるオープンデータ化の推進)