ラッキーいとうの「お気楽サンデー」ブログ

たんなん夢レディオで毎月第4日曜日に放送の「お気楽サンデー」の記録です。次回放送は4月22日です。(12:00~13:00)です。

落語「月の会」 葵亭真月さんを迎え、おもしろ楽しく

落語は「格好いい」 扇子と手ぬぐいだけで世界を創る
もちネタは28 聴いて、観て、喋って、ひたすら練習

3月25日のラッキーいとうの「お気楽サンデー」は、ゲストに福井の「落語 月の会」代表の「葵亭 真月(あおいてい しんげつ)」さんを迎えて、前半は落語入門豆辞典として落語の基礎知識など、後半は真月さんの活動や県内落語会の状況など、おもしろ楽しく放送されました。

落語入門豆辞典では、寄席、席亭、座布団、名札、上方落語江戸落語、扇子と手ぬぐい、いろんな所作、古典と新作落語、羽織を脱ぐ意味、落ちとさげ、など落語に伝わる決まりや不思議について、真月さんから分かりやすい紹介がなされました。

後半では、葵亭真月の高座名、活動内容、持ちネタと練習、社会人落語日本一決定戦、月の会と当面の活動などのお話でした。その主な内容は次のとおりでした。

 f:id:okiraku_sunday:20180326105859j:plain

「月の会」太陽であるお客様に照らされて光る「月」への想いから命名
社会人落語日本一決定戦、300名中で3位入賞、今年さらに上位めざす

  • 落語へのきっかけは、鯖江アルプラザ駐車場で人待ちの際に突然、閃いた。それまで見たことも聴いたことも特別の関心も持っていなかったのに、自分でも分からない不思議な感覚から始まった。一人っ子で幼少の頃からテレビなどの一人遊びで物語の全てを覚えたり、母が落語好きだったりしたことが一つの要因になったのかも知れない。
  • 具体的な活動は7年前からになるが、落語の面白さやおかしさというより、噺家が格好いい、丸腰で自分ひとりで演じ特別の世界観を作り上げていく表現者としてのアーチストだと感じた。自分も格好いい男になりたい、そんな憧れるような気持ちで始めた気がする。
  • 代表を務める「落語 月の会」は、お客さんの拍手と笑いに支えられての落語だから、お客様は太陽のようであり自分たちはその光に照らされてはじめて輝ける「月」だという想いを込めての命名とした。
  • 「葵亭真月(あおいていしんげつ)」の名前は、本名の真吾からの「真」に月の会の「月」を合わせての命名だが、祖父が好きだった昔の映画「新吾十番勝負」の主役の名前であった「葵新吾」からの「葵」を持ってきた。
  • 持ちネタは今は28くらいで、いろんなタイプの噺を会場や参加者も考えながら話している。覚えるのは「CD」「DVD」「寄席通い」などであり、何十回も聴いて、観て、一人で喋って、繰り返し繰り返しで必死に覚える。
  • 自分が知らない世界や時代の言葉や複雑な所作を知るのはなかなか難しいことも多い。TV時代劇での、人、物、所作、衣装なども注意深く見るようになった。寄席ではプロの所作など真剣に見つめているので落語なのに笑っていない客になっているかもしれない。
  • 月の会のメンバーは10人で、活動の場所はホール、サロン、お寺、飲食店などいろいろである。お寺はもともと説法の場所からか、音の反響や雰囲気など、とてもやりやすい感じがする。
  • 昨年、3位入賞した「第9回社会人落語日本一決定戦」は大阪で行われる。約300人が映像で応募し、その審査で150人に絞られる。残った者が池田市の7つの会場に呼ばれて10分の落語を話し、そこから10名が選出され決勝に進む。決勝では桂文枝さんが審査委員長となり、プロの落語家と関係者による審査が行われる。とても緊張する大会だが3位入賞だったので今年も出場してぜひその上に行きたい。
  • 県内の落語会は近年は爆発的に増えており、プロの落語会もアマチュアの落語会も色んな所で開かれていて嬉しい状況である。呼んでいただければ何処へでも出かけるのでぜひ声をかけていただきたい。
  • 恒例的には、毎月第一土曜日に福井市・響のホールで「福井 まちなか落語会」を開いている。来る4月22日は鯖江市文化センターで「さばえ落語フェスティバル」を開き県内10名の落語家が出演する。鯖江名物の飲食エリアもあり、ぜひ多くの皆さんに来てほしい。

「さばえ落語フェスティバル」
日時:4月22日(日)第一部13:00~ 第二部16:30~
場所:鯖江市文化センター
さばえ落語フェスティバル | 鯖江市文化センター

www.facebook.com

twitter.com

 

「こころ紡ぐ会」の馬田さんと柴野さんがゲスト

「ひきこもり」誰もが当事者になる可能性
社会と大人みんなで取り組む姿勢が大事

2月25日のラッキーいとうの「お気楽サンデー」は、ゲストに越前市で活動されている「こころ紡ぐ会」の馬田昌保代表と柴野千栄雄事務局長を招いて、活動内容や「ひきこもり」に対する取り組みの重要性などを伺いました。また、番組後半では今月初めに発表された「第31回 サラリーマン川柳 優秀100選」を話題として放送されました。

f:id:okiraku_sunday:20180226110338j:plain  f:id:okiraku_sunday:20180226110342j:plain

(写真:左から馬田さん、柴野さん)

原因はいろいろ 実態把握がむずかしい
当事者の声をひろい、教育、行政、市民活動など連携したい
学歴や成果主義など、社会的価値観の見直しが必要 

お二人からは主に次のようなお話がなされました。

  • こころ紡ぐ会」は、心を病んでいる子どもや若者が周囲に多く居ることを知り、三年前に有志10人で立ち上げた。最近の傾向としてパソコンやスマホなどでのゲームやメールの影響もあってか、直接に話し合い、言葉を交わしての、こころを通いあわす場面が少なくなっていると感じている。
  • 秋田の人口4000人の町で実態調査を行った結果、人口の1%にあたる400人が引きこもりの対象とされた。内閣府でも概ね人口の1~3%という推計を示しており、そうすると越前市でも800人近い数字になる。その家族も含めると相当数の人たちが悩み苦しんでいるのではないかと思われる。
  • 引きこもりは病気ではなく、人それぞれ百人百様の症状があり、専門家も原因や対応策のマニュアルを決められない状況と言われている。ある日、突然になり人に会いたくなくなったり、自分に自信を失うケースが多いと聞く。
  • 当事者は自分でも理解できていて家族に申し訳ないとか、これでは駄目と自覚するが、そこからの一歩を踏み出すことが出来ずに悩み苦しむ状況にある。
  • 自分で心を固くしてしまい、人生への自信や目標を失った場合、その心をほぐすのはかなり難しく、家族や肉親だけでは対応が無理である。学校や職場、社会全体での理解と対応の仕組みがとても求められていると思う。
  • 会の活動としては、シンポジウムや相談、交流会、先進地への視察などを行い、2月10日の武生でのシンポジウムは大雪の中でも県内各地から45名が参加した。地元の人は近くの人に知られたくないので市外の相談会に参加し、武生へは遠くの市町からの人も多く参加する。
  • 引きこもりや不登校は、どこの家庭でも起こりえるものである。教師や職場の上司の一言が引き金になる場合も多いので、現在の当事者だけでなく今は何事もない多くの人を含めて、学校や企業、社会全体での情報や課題の共有と対策が必要である。
  • 先日のシンポジウムで池田町在住の伊藤洋子さん(元東海大学教授)は、池田中での児童自殺に触れながら、現在の教育現場での成績第一主義や社会での成果主義への懸念を示された。親も含めて「人生は回り道してもいいのではないか、真っ直ぐ全員が横並びに進む考えに縛られないことも大事」と、ご自身の不登校体験を交えながら話された。
  • 池田中の最初の報告書では、最初は児童が遊んでいて転落して亡くなったとされていたり、専門家の一度の診断も受けていないのに当該児童は発達障害だったともされていた。あまりにも実態が違っていたのではないかと思う。
  • 「こころ紡ぐ会」の活動は即効的な解決にはならないと思うが、誰かが声を出すことで、どこかで誰かが救われればと願っている。子どもたちや若者、厳しい条件で悩んでいる家族たちの声を拾い上げ、聞いてあげるだけでも意義あるのではないかと感じている。今後とも地道にいろんな形での活動を多くの人たちに参加してもらいながら続けていきたい。

 こころ紡ぐ会 - 越前市

変化する公務員採用事情 越前市担当課長に聞く

市役所はサービス産業「住民はお客様」の視点で
良い人材求め、京都での試験や関西10大学へも訪問

1月28日のラッキーいとうの「お気楽サンデー」は、ゲストに越前市役所行政管理課の川崎規生課長を招いて、最近の職員採用事情などを話していただきました。団塊世代の大量退職に伴う補充採用、市民はお客様と考える視点、優れた人材を求めての県外大学への働きかけ、多様性社会に対する当事者対応が出来る職員像など、かっての公務員イメージを覆すようなお話が続きました。

他には、増えつつある「電子マネー」の話題と現状をラッキーいとうが紹介しました。

f:id:okiraku_sunday:20180129102230j:plain

川崎課長のお話の主な内容は下記のとおりでした。

越前市スタートから150人の職員削減
採用試験は、通年化と前倒しの傾向
多様性社会に対応できる職員も採用

  • 越前市の職員数は12年前の合併時には740人だったが現在は490人弱、この間に150人の職員削減となっている。
  • 団塊世代の大量退職に対し、この5年くらいは毎年30名程度の新採用であり、続く2~3年も30人程度の採用になるのではと推測される。職員数削減の中でもサービス低下にならないように職員は頑張っている。
  • 市役所としての総合力や事務の継承低下が心配されているが、そこは定年を前にした職員が意識しての後輩への継承と、60歳定年以降の希望者による再任用制度などでカバーしている。マイナス面も心配されているが、多くの新人たちによるフレッシュな視点での行政見直しというチャンスでもあると考えている。
  • 採用試験などの日程は通年化と前倒しの状態になっている。昔は年に1~2回だったが近年は年に3~4回という場合もある。来年4月採用者への説明会は間もなく2月から始まる。
  • 良い人材を求めるために関西の大学10校くらいを訪ね、越前市役所として求める職員像や越前市の特性などを説明している。昨年は京都の説明会に50人くらいが参加した。関西の大学へ出ている県内出身者のUターンに加え、県外から越前市へ移住しての職員採用も増えている。
  • 社会人枠採用も設けており、民間でのノウハウを市役所で発揮してもらうことも意義があり、それぞれの体験と視点が生かされるものと期待している。また組織の中で中堅職員に刺激を与えられるのではないかとも考えている。
  • 試験に当たっては、法律や知識よりも「住民はお客様」としての視点で接することが出来る人材、公務はサービス業と言う自覚を持てる視点を最重要視しており、学科試験より面接試験優先である。
  • 近年は地域社会の多様性やダイバーシティに対する行政の対応も重要であり、それらに当事者として寄り添える職員も求められているので、外国籍、LGBT、幾つかの障害を持つ職員の採用も行っている。市民の中のそれぞれの当事者にとってはより切実に身近な相談もでき、新たな施策にもつながるものと期待している。
  • 採用してからの研修も大事であり、公務員だけが特別な位置ということではなく、自分で考え、お客様に喜んでもらえる行動と、地域に飛び込んで動く職員を育てたい。
  • 先般は、職員が不妊治療を受ける場合に特別休暇が取得できる制度を設けた。越前市内では対応できる医療機関が無いようであり、心身にも経済的にも負担が大きい現状への対応である。年12日を特別休暇として取得できる。政府も少子化対策を幾つか掲げているが民間企業も含めてこうした具体的な制度が拡充されることを期待している。

ゲストはシンガーソングライターの「結香」さん

今年5月から越前市へ移住
県内や東京でのライブ活動で活躍中

12月24日のラッキーいとうの「お気楽サンデー」は、越前市在住のシンガーソングライター、結香(ゆか)さんを迎えて放送されました。放送前半は結香さんの活動とご自身がリリースされた曲が紹介され、後半は「今年のヒット商品30」の話題でした。

結香さんは、秋田県大仙市大曲の出身で千葉大学の学生だった2011年にメジャーデビューし、東京などでのライブ活動を行う中、今年5月に結婚し越前市に移住。現在も福井県内や東京、ふるさとの秋田でのライブ活動やCDアルバム作成などで活躍中です。

結香さんからは主に下記のようなお話がなされました。

f:id:okiraku_sunday:20171225104254j:plain

来年に向けて、新しいシングルとアルバムを作成中
ぜひ、恐竜博物館でのライブをやりたい

  •  「結香」は本名です。香りで人々を結び、良い雰囲気をつくれるようにとの由来だと親に聞いたことがあります。出身地の大仙市大曲は「大曲花火大会」が有名で70万以上の人が訪れます。当日は市人口が10倍以上になります。
  • 小学生の頃から歌が好きで地元の音楽会などに出てトロフィーも沢山頂きました。将来は歌手になりたいと思って高校時代に上京し、千葉大学在学時にゲームのOP主題歌「華鬼」でメジャーデビューできました。ファンからは「神すぎる歌姫」とも呼ばれました。
  • これまでにシングル5枚やアルバムも作っていますが、ファーストシングルの時から自分の気持ちを込めて歌いたいと自分で作詞作曲するようになりました。東京は賑やかな街ですが一人ひとりはつらい時や寂しいときもあり、そんな時に前を向けるような歌や自分を大切にする気持ちも伝えられたらと思ってきました。
  • ライブはピアノ弾き語りが多いですが、ワンマンライブの際はバンドの人たちと一緒です。渋谷が多いです。大仙市のふるさとフェアでは有楽町でも歌いました。故郷からはお祭りや母校などでのライブなどに呼ばれています。
  • 福井に来てからは越前市蔵の辻の「カフェ ラグタイム クラシックス」での七夕コンサートが最初でしたが、その後、坂井市、エンゼルランド、南越前町の産業フェア、越前市のサマーフェスティバル、サンドームでのイベントなど県内各地での仕事が増えています。
  • 福井の人は皆さん親切で優しくしてもらい伸び伸びと暮らせています。魚はスーパーのお刺身でもすごく美味しいし、越前ガニの美味しさも驚きました。「冬のみずようかん」もびっくりです、水ようかんは夏のもののイメージでしたから。
  • 先日はテレビで「夢を叶える移住 歌姫」という番組で紹介されたり、新聞、ラジオでの紹介もあり、県内での仕事が増えてきて嬉しいです。
  • 今は、新しいシングルとアルバムの作成中です。自分の生活の変化も織り込んだ作品に出来たらと考えています。
  • 来年はぜひ恐竜博物館でのライブをやりたいです。恐竜が好きなので二回も見学していますし、博物館の方も出来ますよーと言っていただきました。恐竜の歌もつくりたいです。また、県内の観光地も多いのでご当地ソング的なものも作れたら楽しいなと思います。
  • レコーディングや音楽活動も今は東京に居なくても地方から発信できる時代ですから、地方から東京に居る若い人たちを支えるような歌もつくりたいです。

結香さんのSNSやブログもご覧ください。

ja-jp.facebook.com

twitter.comameblo.jpwww.instagram.com

ゲストは「だしソムリエ」の河野雅代さん

「だしソムリエ」3級.2級.1級の検定講座と試験で資格取得
だしの試飲や講座、現地体験など幅広い知識と体験が必要

11月26日の ラッキーいとうの「お気楽サンデー」は、ゲストに越前市在住の「だしソムリエ」として活躍中の河野雅代さんを迎えました。前半は「流行語大賞30候補」で今年を振り返り、後半は「だしソムリエ」「だしの試飲」「だしの話あれこれ」などの話題で放送されました。

「だし」の話題では、河野さん手作りの6種類のだしが用意され、ラッキーいとうが試飲しての素材当てや、お勧めの「すまし汁」が出されるなど、スタジオは美味しい「だし」の匂いに包まれました。 

f:id:okiraku_sunday:20171127111212j:plain f:id:okiraku_sunday:20171127111227j:plain

 「和食文化」のユネスコ無形文化遺産登録がきっかけで取得
だしの基本「鰹節」「昆布」「煮干」「しいたけ」の4種類
「だし」は素材の美味しさを引き出し、味に深みを与えている

河野さんの主なお話は下記の内容でした。

  • 「だしソムリエ」は、3級・2級・1級の資格検定があり、それぞれの段階で出汁の試飲(9種類から30種類)や講座があり、試験に合格するとソムリエとして認められる。福井では3級までの講座しかなく、2級は大阪や東京、1級は東京でしか受験できない。自分は昨年夏に大阪で2級に合格している。
  • 1級になると日本のだしだけでなく世界のだしや、一流シェフによる料理の指導なども受ける。また昆布やかつおの原産地での採集や漁体験なども行っている。かなり難関である。
  • だしソムリエになろうと思ったのは平成25年12月、「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことがきっかけだった。それまで学校給食調理の仕事上からも出汁についてもっと学びたいと思っていたので福井での講座開催を聞いて直ぐに参加した。
  • 「だし」の基本は、「鰹節」「昆布」「煮干し」「しいたけ」の4種類である。しいたけは少しでも味の主張が強い。鰹でもふつうの花鰹節のほかに「厚削り節」もあり越前市の学校給食ではこちらを使っている。昆布は同じ北海道でも「利尻」「羅臼」など採れた所で味が違う。煮干しは大きめのほうがだしが良く出る。しいたけは干ししいたけを戻して使う。市販の顆粒だしの素は味は濃いが素材の匂いがしない傾向にある。
  • 和食のだしは「鰹節、昆布、煮干し、しいたけ」の4つが基本だが、世界のだしでは「野菜、肉類、魚介」などが使われている。和食のだしは、例えば大根にだしが沁み込み大根の素材を引き立てた味が出るような使い方だが、洋食では素材と素材を一つの皿で同時に味わうような形が多いと思う。中華料理では「白湯、パイタン」と呼ばれる出汁があるように聞いている。
  • 「だし」と「味」は違っていて、味は「甘味、苦味、酸味、塩味、旨味」の五味とされている。
  • お勧めのだしは、「水だし」と呼ばれるもので、前日の夜に昆布を水に入れて冷蔵庫に置けば一晩で十分にだしがとれる。その出汁がらは昆布の佃煮としても食べられる。簡単な料理一品では「すまし汁」がお勧めで、昆布、鰹節、薄口醤油で減塩の美味しいものができると思う。
  • 「だしソムリエ」として公民館や地域での講習会にも呼ばれる機会が増えているが、今後も多くの人が「だし」の魅力に触れてもらえるような場を増やしたい。また、できれば1級の資格も取得するなどして、「だし」の良さをいろんな形で伝えていきたいと思っている。
  • 「だしソムリエ」の講座や資格検定などについては、次の「だしソムリエ協会」のホームページをご覧ください。 だしソムリエ協会

  

マイナンバー制度とマイナンバーカード活用を聞く

ゲストは越前市役所の山口さんと石田さん

マイナンバーは、生涯変わらない個人番号
「税」「社会保障」「災害」などの手続きに活用

10月22日のラッキーいとうの「お気楽サンデー」は、ゲストに越前市役所市民課の山口さんと情報統計課の石田さんを迎え、最近いろんな場面で提示が求められ、活用範囲も広がりをみせる「マイナンバー制度」と「マイナンバーカード」についてのお話を伺いました。

また、番組後半では秋の旅ということで、最近人気の北陸・東海・近畿地方の観光列車の話題でした。

f:id:okiraku_sunday:20171023115441j:plain

  (写真は左が山口さん、右が石田さん)

「たんなんカード」自動交付機は来年3月で稼動終了
マイナンバーカード」全国のコンビニで住民票など交付できる
越前市限定「たけふ菊人形」で割り引きサービスを実施

お二人からは、マイナンバー制度とマイナンバーカードについて詳細な内容が語られましたが、その概要は下記のとおりでした。

  • マイナンバーは平成27年10月に日本国内で住民登録をしている全ての住民に国が付与した12ケタの個人番号で、出生から死亡まで生涯にわたって変わらない。結婚して氏名が変わっても、就職先が変わっても、一時的に外国へ赴任の場合でも、生涯不変の番号となっている。
  • 使用目的は、「社会保障関係」「税務関係」「災害対策」などに関する諸手続きで、現在は他の目的で使用されることはない。具体的には、健康保険、雇用保険介護保険、年金、児童手当、生活保護、確定申告などがあげられる。
  • これまでの「住民基本台帳カード」は平成27年12月まで発行されていたが現在は新規発行されていない。「マイナンバーカード」が平成28年1月から発行されている。「住民基本台帳カード」は市町村が発行し、顔写真付きと顔写真なしの二種類で即日発行が出来たが「マイナンバーカード」は「地方公共団体情報システム機構{J_LIS}」が発行するものであり全て顔写真つきで申請から発行までに約1ヶ月かかっている。
  • 丹南地区の市町村では「たんなんカード」が発行され、市役所などに自動交付機が設置されて住民票や納税証明書、印鑑証明書などが交付できていたが、この自動交付機は来年3月末で稼動終了となる。その後は市町の窓口で印鑑証明書を取る場合のみに使用できるが、「たんなんカード」で住民票などの取得は出来なくなる。
  • マイナンバーカード」には、氏名、住所、生年月日、性別、顔写真、マイナンバーが記載され、ICチップにも搭載されている。越前市では現在、「住民票の写し、印鑑登録証明書、所得証明書、資産証明書、納税証明書」などが自動交付機で取得できる。
  • 全国のコンビニで取得できるものは「住民票の写し、印鑑登録証明書、所得証明書、資産証明書、納税証明書」に加え、「戸籍等抄本、戸籍の附票の写し」である。
  • マイナンバーカード」の申請は、平成27年に各世帯に送付されてきた「通知カード」に同封されていた申請書に記入し顔写真を添付して返信用封筒で申請が出来る。パソコンやスマホからでも申請可能である。マイナンバーカードは国の機関から申請者が居住する市町村に送付され、カードが届いた段階で市町村から申請者に通知され、定められた期間に市町村の窓口に行って取得することになる。その際に「住民基本台帳カード」「マイナンバー通知カード」などは返却となり「マイナンバーカード」と、「マイナンバー通知カード」を同時に持つことはできない。
  • 個人で申請の仕方が分からない場合は、自分の顔写真を持って市町村の窓口へ行けば必要な書類や国への送付など、準備したり記入して送付するので、必要に応じて利用してほしい。
  • その他、越前市限定のサービスとしては、開催中の「たけふ菊人形」入場の際に、菊人形館は500円を400円に、OSK観劇は2000円を1600円に、遊具券1800円を1500円に割引するなどお得な割引をしている。これは期間中何回でも利用できる。また市外の人でもマイナンバーカードの提示で割引している。
  • マイナンバーカード」を紛失した場合は専用のコールセンター(0120-95-0178)へ速やかに連絡してほしい。それ以外は市町村の窓口へ早めに連絡すれば必要な手続きをお知らせできる。

 

「2017 鯖フェスタ」に来て!! KISUMO小浜の馬場さん

小浜は「鯖の町」「すき焼きに焼き鯖」入れますよ
「サバンバ」? それは鯖のビビンバです

9月24日のラッキーいとうの「お気楽サンデー」は、ゲストに「KISUMO小浜」の馬場淳子さんを迎え、鯖の話あれこれ、2017鯖のまちフェスタ、後瀬山トレッキングなどを話題として放送されました。挿入曲には演歌の「鯖街道」も登場しました。

「鯖の話あれこれ」では、小浜の鯖文化などが紹介されましたが、その中で「小浜ではすき焼きに焼き鯖を入れて食べますよ」の言葉に、ラッキーいとうは「えっー!?」とびっくり。同じ福井県でも嶺北地方では、すき焼きに鯖はあまりないようですが…。

また、「鯖おでん」や「サバンバ」というビビンバ料理など鯖の新しい料理も紹介され、鯖の町小浜ならではの魅力がクローズアップされました。

さらに馬場さんからは、近年に始まっている小浜の鯖養殖の取り組みが報告され、現地での餌やりと鯖がひしめく水音などの録音がラジオに流れました。養殖鯖は寄生虫がつかず、鯖の刺身が人気とのことでした。

f:id:okiraku_sunday:20170925125443j:plain

馬場さんは「2017 鯖のまちフェスタ」と「後瀬山トレッキング」について、主に下記のようなことを話されました。

10月21日~22日「2017 鯖のまちフェスタ」開催 県内外から24店舗が参加
珍しい鯖料理いっぱい、楽しいせり売り、ステージイベントなど満載

  • 「2017 鯖のまちフェスタ in 若狭おばま海の駅」が10月21~22日に、御食国おばま食文化館で開催される。開催時間は9時38分から15時38分と「38(サバ)」にこだわっており、毎時38分には何かが起こるお楽しみ企画もある。
  • 全国から24団体が参加し、鯖を中心とした屋台での鯖寿司の食べ比べなどをはじめ、水産市場、キッチンカー、クラフト店、ステージなど、盛りだくさんのイベントと賑わいが期待されている。昨年の「鯖サミット」は2万人が参加した。
  • 開催のきっかけは、島根での「鯖サミット」をKISUMO小浜のメンバーが視察したこと。次は小浜で開催したいとなり、小浜市長も「鯖のまち宣言」をしたこともあって、昨年に「鯖サミット」を開催した。サミットは今年は銚子市だが、小浜では「鯖のまちフェスタ」として活動を継続して盛り上げる運びになった。
  • 鯖の料理としては、全国の鯖寿司、サバンバ(鯖のビビンバ)、鯖サンド、大野市の熟成鯖醤油カツ丼、若狭路満腹お膳弁当、それにKISUMO特製の鯖おでんなど、普段は食べられないメニューが揃う。まさに鯖料理のイメージが変わると思う。
  • ステージでは、鯖供養、演奏会、ダンス、トークショー、鯖ライブなども行われる。22日には「NHKきょうの料理」でおなじみ本田京子さんによるトークショーも企画されている。(こちらは予約が必要)
  • 運営は多くの市民団体や市役所、水産市場などが参加している。ユニークな企画では参加者による「模擬セリ大会」などもある。新鮮なお魚もたくさん出るのでクーラーボックス持参での参加もおすすめです。
  • KISUMO小浜は、色んな企画や広報、運営での裏方として参加している。ぜひ多くの皆さんの来場を願っています。

詳細については、こちらのページご覧ください。

https://ja-jp.facebook.com/kisumo.obama/

wakasa-obama.jp

 

駅から5分、見どころ多い「後瀬山トレッキング」 10月11日に山開き
重要伝統的建造物指定「三丁町」や、海の風景も同時に楽しめるコース 

  • 小浜駅から5分くらいのところに「後瀬山(のちせやま)・標高200m」があり、そこに新たなトレッキングコースが整備された。八百比丘尼(やおびくに)伝説の史跡、城跡、町並みと海の景色展望など、誰もが気軽にトレッキングと町歩きを楽しめるコースになっている。
  • 大阪の企業さんが資材置き場として買った場所に市民に昔から親しまれてきた神明神社があった。御神体は「八百比丘尼」ということもあり、近くには比丘尼が入定したと言われる洞窟や手植えの白玉椿もある。また天岩戸と呼ばれる洞窟や幾つもの神社もあることで、その企業さんが私財で整備した。
  • 地元の人は当たり前で気付かないことでも、県外や他の地域の人からみたら素晴らしい財産と思われるものがいっぱいあった、そんなケースだと思う。
  • コースでは四季それぞれの植物や生物が豊かに見られ、景色も伝統的建造物群指定の「八丁町」の紅がら格子と銀瓦の町並み、その向こうに小浜の海の絶景が楽しめる。
  • 町歩きのコース上には、徳川2代将軍の秀忠の娘・京極忠高夫人の墓所や、お市の方の三姉妹の次女・お初の方の墓所などの寺院もあり、歴史を学べるコースでもある。
  • 後瀬山トレッキングコースの山開きが、10月11日に行われ、地元小学生の遠足としてお披露目される。その後は、いつでも誰でも自由に利用できるので多くの人に親しんでほしい。
  • 「KISUMO小浜」は、「来てのK、住みたいのS、戻りたいのM」の活動をする団体なので、これからも観光マップには掲載されていないような小浜の宝や財産を見つけていきたい。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

https://ja-jp.facebook.com/kisumo.obama/ 

www.kisumoobama.jp