ラッキーいとうの「お気楽サンデー」ブログ

たんなん夢レディオで毎月第4日曜日に放送の「お気楽サンデー」の記録です。次回放送は8月26日です。(12:00~13:00)です。

越前市 ふるさと納税、観光客ともに大幅増

市シティセールス推進室、新視点で売込み中
ふるさと納税返礼品209種類 地元産品揃えて大好評

4月22日放送のラッキーいとうの「お気楽サンデー」は、ゲストに越前市シティセールス推進室の上城戸祐基さんと吉村清香さんを迎えました。

前半は「今日は何の日」にちなんで、アースデイ、よい夫婦の日、清掃デーなどの話題でお気楽トーク。後半は越前市の「ふるさと納税」や「JTBと連携しての新たな観光」などがお二人から紹介されました。

f:id:okiraku_sunday:20180424104037j:plain  f:id:okiraku_sunday:20180424104044j:plain

ふるさと納税額は1億円を超えて急増
「大瀧神社 千参百年大祭」2ヶ月で110件の予約あり
市職員JTB派遣で、民間ノウハウ学び活用

越前市シティセールス推進室の上城戸さんと吉村さんからは主に下記のようなお話が紹介されました。

  • 越前市シティセールス推進室は昨年4月に発足し3名の職員が、ふるさと納税、広域観光推進、新幹線南越駅の周辺整備(道の駅)などに関することを新たな視点で企画し、全国に越前市を売込み中。
  • ふるさと納税では、平成28年度は約4500万円だったが、29年度は約1億600万円と急増しており感謝している。返礼品は寄付額に応じて209種類の多種多様な物が用意されており、ポイント制度の導入で寄付者の希望する時期にポイント数の範囲内で何回かに分けても利用できるようになっている。
  • 返礼品は越前市産品の「越前打刃物」「越前和紙」「越前旨香豚」「福井ポーク」「若狭牛」市内数店の「蕎麦」「手打ちそばセット」「コウノトリ米」「たんす職人作成の「積み木」、清酒の「関西」、童話作家かこさとしさんの絵本」などがある。インターネットで簡単に検索できるシステムになっている。
  • 新たな観光企画として、今年は「大瀧神社 千参百年大祭」のイベントをJTBとの連携事業として企画し4.5月の二か月で観光申し込み110件の予約がある。もう一つは絵本作家「いわさきちひろ生誕100周年」の記念事業として「ちひろの生まれた家記念館」への観光PRも特別に企画している。
  • 観光への視点としては、これまでに知られている場所だけでなく、越前市固有の素材を掘り起こしたいと思っている。また市内に点在する有名観光地を一本の線や面として結ぶセットコースをつくってお客様に提案する企画をしている。関連してふるさと納税活用の市内ホテル宿泊券なども用意している。
  • 越前市では市職員をJTBに一年間派遣しており、自分たち二人とも1年ずつ派遣され、中部地方を中心とした観光地などのセットコースの作り方も学んできたので、その体験を活かし、越前市へ多くの人々を呼び込む色んな事業をスピード感をもって展開したい。
  • 新幹線「仮称 南越駅」の開業に当たっては、周辺整備として「道の駅」を開設できるよう、その検討を始めている。

 

シティセールス推進室トピックス - 越前市

越前市のふるさと納税「越前市ふるさと寄付」 - 越前市

千参百年大祭〜紙祖神 岡太神社・大瀧神社例大祭 |越前和紙の里

「ちひろの生まれた家」記念館